Marine Aquarium Community

メニュー
チャーム本店

人気の記事

水槽台の種類とオススメ水槽台

アクアリウムにおいて水槽を設置する際、専用の水槽台を使用するのが好ましいです。

この記事では、水槽を置くための水槽台の種類と、おすすめの水槽台について解説していきます。

水槽台は必要?水槽台が必要な理由

そもそも、水槽を置くのに専用の水槽台が必要なのかという疑問があるかもしれません。

結論から言ってしまうと「専用の水槽台を使うのが無難」だといえます。

 

水槽は水を入れるというその性質上、どうしても非常に重くなってしまいます。

水1リットルほぼ1kgですので、30cm水槽で約30kg、60cm水槽だと60kgを超える水量を入れることとなります。

加えて水槽自体の重さに、砂や岩など水槽内に入れるものの重さ、周辺機材の重さを考えると+10kg程度重くなると考えておくべきです。

 

市販の家具でこれほどの重さのものをのせることのできるものはそう多くはありません。

あったとしても、水周りで使用することを前提としていないものがほとんどだと思いますので、水に対する耐久性という点で不安が残ります。

メタルラックなどを代用しているケースもたまに見かけますが、短期的には問題なくとも長期的に見ると天板が歪んだり錆びたりと大きな事故に繋がりかねないので正直オススメできません。

特に海水を扱うマリンアクアリウムではものすごい勢いで錆びます(経験談)のでマリンアクアリウムでは特にオススメできません。

 

一方で水槽台は、水槽を置く事を前提として設計されていますので、耐荷重も十分に確保されていて、かつ水に対する対策もなされているものがほとんどです。

こういったことを考慮すると、専用の水槽台を使用するのがベターであるといえます。

水槽台の種類

水槽台の種類は大きく分けて「金属製アングル台タイプ」のものと「木製キャビネットタイプ」の2種類があります。

金属製アングル台タイプの水槽台

スチール製水槽台 icon

金属(スチール等)を使用したフレームタイプの水槽台です。

特徴としては、骨組みだけのシンプルデザインなのでよく言えばスタイリッシュな機能美、悪く言えば地味でダサいです

そして木製キャビネットに比べてかなり安値です。

金属を使用しているので、塗装が施されているとはいえ海水周りで使用する以上、錆を全く無視する事はできません。

ですが多少の海水がかかった程度ではどうということはありませんし、大量の海水をこぼしてしまった場合もすぐに拭き取れば問題ないでしょう。

木製キャビネットでもこぼした海水を放置すれば腐食の原因となるのは同じですので結局は使い方次第ということですね。

 

このタイプの水槽台のメリットはとにかく安値なことです。

60cm水槽用でしたら2000円~購入できますので、木製キャビネットが1万円弱~数万円することを考えると水槽台としての機能を果たせると言う意味でのコストパフォーマンスは最高です。

ただやはり見た目を気にする方は木製キャビネットを購入するのが無難だと思います。

個人的には金属製アングル台の無骨な感じも好きなんですけど周りからの評判は微妙な感じですね笑

 

木製キャビネットタイプの水槽台

木製水槽台 icon

木材を使用した水槽台です。木枠のみのフレームタイプと扉付きのキャビネットタイプがあります。

特徴としては、木製なので腐食に関しては金属製よりも安心できるので海水周りで使うのに適しているということが大きいですね。

更に塗装や化粧板によって耐水性を高めている製品が多いので水害に関してはほとんど気にする事がなくなる程度には安心できます。

 

また、使用している木材や塗装、化粧板の違いで値段にかなり差が出るのも木製キャビネットの特徴と言えます。

普及品とフルオーダー品では値段に10倍近い差が生じる事もあります。

値段と性能・耐久性・デザイン性は正比例すると言ってもいいくらいですので予算に合わせて選びましょう。

 

筆者のオススメの水槽台

水槽台にどのような種類があるか、自分はどの水槽台を使うべきか知ることができましたか?

ここからは具体的に筆者のおすすめの水槽台を水槽サイズ別に紹介していきます。

購入時の参考にしてみてください。

30cm水槽用

プロスタイル300/350SQ

水槽台プロスタイル icon

プロスタイル300/350SQ

コトブキ

参考価格:¥11,500

charm:¥6,540amazon:¥-

※掲載時の価格です。現在の価格とは異なる場合があります。

 

30cm,35cmキューブ水槽用の水槽台です。

この価格で木製扉付きキャビネット、オーバーフロー用穴完備とコスパに優れた水槽台です。

30cm水槽用の水槽台は選択肢が少ないですがその中ではこの水槽台が特におすすめです。

組み立てアクアキャビ 3080

水槽台アクアキャビ

組み立てアクアキャビ 3080

アクアシステム

参考価格:¥-

charm:¥13,800amazon:¥14,840

※掲載時の価格です。現在の価格とは異なる場合があります。

 

30cmキューブ水槽用の水槽台です。

高さが80cmあり、キューブ水槽を乗せた際は110cmになり、インテリアとして非常に美しい見た目になります。

アルミ取っ手も高級感があり、見た目にこだわりたい方におすすめの水槽台です。

45cm水槽用

アクアキャビ J-MODEL4530

水槽台jmodel icon

アクアキャビ J-MODEL4530

アクアシステム

参考価格:¥-

charm:¥30,000amazon:¥-

※掲載時の価格です。現在の価格とは異なる場合があります。

 

45*30cm水槽用のキャビネットです。

アクアシステムの水槽台の上位モデルであるJ-MODELで、非常に高級感のあるモデルです。

また、安値な水槽台が自分で組み立てる必要があるのに対しこの水槽台は組み立て済みのものが送られてくるので安心してそのまま使用できます。

60cm用水槽台

ニッソー 組み立てスチールキャビネット

スチール製水槽台

組み立てスチールキャビネット

ニッソー

参考価格:¥6,480

charm:¥2,510amazon:¥2,580

※掲載時の価格です。現在の価格とは異なる場合があります。

 

60cm規格水槽用の金属製アンクル台タイプの水槽台です。

特徴はなんと言ってもその安さです。2000円ちょっとでこのクオリティはコスパ最高です。

あまりのコスパの良さに筆者も今まで3台購入しています笑

見た目にはこだわらないのでとにかくコスパ!という方におすすめの水槽台です。

プロスタイル 600S

水槽台プロスタイル

プロスタイル600S

コトブキ

参考価格:¥15,760

charm:¥6,830amazon:¥7,030

※掲載時の価格です。現在の価格とは異なる場合があります。

 

60cm規格水槽用の木製扉付きキャビネットです。

このサイズの木製扉付きキャビネットとしてはトップクラスの安さで、コスパの良い木製キャビネットといえます。

自分で組み立てる必要があるので多少手間がかかりますがこの価格なら仕方がないですね。

安値な木製キャビネットを探している方におすすめの水槽台です。

マーフィード ウッドキャビ

マーフィード水槽台 icon

ウッドキャビ ダークブラウン

マーフィード

参考価格:¥-

charm:¥32,600amazon:¥-

※掲載時の価格です。現在の価格とは異なる場合があります。

 

60cm規格水槽用の水槽台の中では高級キャビネットの部類ですね。

天然の木目を活かした家具調の水槽台は高級キャビネットでしか出せない質感です。

オーバーフロー水槽用の穴加工もされているのでオーバーフロー水槽での使用にも適しています。

また、組み立て済みの製品が送られてくるので自分で組み立てる必要がなく、プロがしっかりと組み立てたものを使う事ができるので安心です。

全体的に高クオリティなので水槽台にまでこだわりたい方に特にオススメの水槽台です。

ウッディスタンド ブラウン

ウッディスタンド icon

ウッディスタンド ブラウン

Leaf Corp

参考価格:¥-

charm:¥19,400amazon:¥-

※掲載時の価格です。現在の価格とは異なる場合があります。

 

60cm規格水槽用の扉付き木製キャビネットです。

国内生産のハンドメイド製品であるのにも関わらずこの値段は驚きです。

60cm水槽用の木製キャビネットではイチオシの水槽台だといえます。

ただし、オーバーフロー水槽用の穴は空いていないのでその点のみ注意が必要です。

90cm水槽用

ウッドキャビ ダークブラウン900×450

マーフィード水槽台 icon

ウッドキャビ ダークブラウン900×450

マーフィード

参考価格:¥-

charm:¥54,400amazon:¥-

※掲載時の価格です。現在の価格とは異なる場合があります。

 

60cm水槽用で紹介したマーフィードのウッドキャビの90cm水槽用タイプです。

90cm水槽用の木製キャビネットは安いものでは1万円程度のものからありますが、200kgを超える90cm水槽に安過ぎる水槽台を使用するのはちょっと怖い気もします。

よって最低でもこのレベルの水槽台を購入する事を推奨します。

マーフィードのウッドキャビは昔からオーバーフロー水槽の水槽台として非常に人気が高く、ショップでも使われているのをよく見かけました。

クオリティは非常に高く、値段と質のバランスの取れた水槽台です。

AQUA GEEK キャビネット

水槽用キャビネット icon

AQUA GEEK キャビネット

ハートトレード

参考価格:¥-

charm:¥86,400amazon:¥-

※掲載時の価格です。現在の価格とは異なる場合があります。

 

90cm水槽用の高級キャビネットです。

筆者はこの水槽台を何度もショップで見ているのですが、木目を活かした塗装がシックで海水水槽とも良くマッチしていました。

なによりもその重厚感に感動していました。

この水槽台なら10年20年と使えるだろうな、という印象でした。

90cm水槽となるともはや「水槽」というよりは「部屋のインテリアの一部」という認識になってきますので水槽台もこだわったものを購入する事をオススメします。

まとめ

言ってしまえば「水槽を置く台」でしかない水槽台ですが、実際に水槽を見たときに見える面積的には水槽台の方が大きかったりします。

よって水槽本体よりもむしろ水槽台によってその水槽の印象が決まってしまうこともあるかもしれません。

性能もデザイン性もいいものを買おうと思うと意外と値が張ってしまう水槽台ですが、いいものは長く使えますし、水槽台の印象は水槽全体の印象に関わってくるので、できる限りいいものを購入したいですね。

参考になりましたらTwitter,Facebookにてシェアしていただけると嬉しいです。

関連記事

  1. サンゴ水槽
  2. led
  3. 海水魚餌
  4. ライブサンド

コメントをお待ちしております